【PR】

えのきはお弁当に入れると腐る可能性あり!!特に夏場は要注意!正しい冷蔵・冷凍保存方法もご紹介♪

スポンサーリンク
食べ物

えのきは、シャキシャキとした食感と淡白な味わいが特徴で、炒め物や煮物、サラダなど様々な料理に利用できますよね。

そのため、お弁当のおかずにもよく使われます。

しかし、えのきは水分が多く、湿気を含みやすい性質があり、お弁当に入れると腐る可能性があるので、注意が必要です。

特に梅雨や夏場など気温が高くなる季節には、食材が腐りやすくなるため、心配ですよね。

私も食中毒などが気がかりで、お弁当作りは気を付けています。

ですが安心してください!えのきをお弁当に入れても、腐るのを防ぐ対策方法がありますよ。

えのきの選び方や下処理、お弁当の入れ方など詳しく解説したいと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね!



 

えのきをお弁当に入れると腐る?

えのきをお弁当に入れたら腐るの?

えのきは栄養価が高く、お弁当にも使いやすい食材ですが、傷みやすいというデメリットもあります。

せっかく作ったお弁当のえのきが、腐っていたとなったらショックですよね。

しかし、えのきが腐らないようにするためのポイントさえ気を付けたら、お弁当に入れても大丈夫ですよ。

まずは、えのきが傷みやすい理由から見ていきましょう。

 

 

えのきが傷みやすい理由

えのきはお弁当に入れると傷みやすい理由は、主に以下の3つが挙げられます。

水分量が多い

えのきは、他のきのこに比べて水分量が多いのが特徴です。

お弁当箱の中で密閉状態になると、水分が蒸発してえのきの表面に溜まり、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

細胞壁が薄い

えのきの細胞壁は薄く、傷つきやすいという弱点があります。

お弁当箱の中で他の食材と擦れ合ったり、お弁当箱を開け閉めする際に振動によって傷ついてしまうと、そこから雑菌が入り込んで傷みやすくなります。

酵素が活発

えの中には、ポリフェノールオキシダーゼという酵素が含まれています。

この酵素は、えのきが傷つくと活性化し、えのきの色素を褐色に変色させると同時に、えのきの組織を軟らかくしてしまいます。



 

えのきをお弁当に入れるときのポイント

えのきをお弁当に入れても傷むのを防ぐためには、ポイントがあります。

えのきの選び方

お弁当に入れるえのきは、新鮮なもの選びましょう。

軸が太くてしっかりしているもの、石突き部分が乾燥していないもの、全体にハリがあるものがおすすめです。

茶色く変色しているものや、ぬめりがあるものは避けましょう。

えのきの下処理

えのきは、お弁当に入れる前にしっかりと下処理をすることが大切です。

  1. 根元を切り落とし、ほぐして流水でよく洗う
  2. 水気をしっかり切ったら、塩で軽く揉んでしばらくおき、水気を絞る

こうすることで、えのきの風味が引き締まるだけでなく、傷みにくくなりますよ。

必ず加熱してから入れる
お弁当に入れるえのきは、生のままではなく、加熱してから入れるようにしましょう。
生のままだと水分が多く、腐敗の原因となります。
炒めたり、煮たりして水分を飛ばすようにしましょう。
また、加熱することで、えのきの酵素が壊れて傷みにくくなりますよ。
しっかり冷ます

調理後、えのきをしっかりと冷ましてから、お弁当に詰めるようにしましょう。

温かいまま詰めると、お弁当箱の中で蒸れてしまい、雑菌が繁殖しやすくなります。

えのきの詰め方

お弁当にえのきを入れる際は、他の食材と密着しないように詰めましょう。

他の食材の水分がえのきに移ってしまうと、傷みやすくなります。

また、えのきは空気に触れると変色しやすいので、密閉容器に入れるのがおすすめです。

抗菌効果のある食材と一緒に調理する

梅干しや生姜などの抗菌効果のある食材と一緒に調理することで、えのきが傷みにくくなります。

保冷剤と一緒に持ち運ぶ
暑い季節には保冷剤や保冷バッグを使用して、お弁当の温度を低く保つように工夫しましょう。
これにより、えのきを含む他の食材も新鮮な状態を保つことができます。
食中毒の原因となる菌は、約20℃で活発に増殖し始めて、30~40℃が最も繁殖しやすいと言われています。
お弁当箱は清潔なものを使い、しっかりと密閉する
お弁当箱は密閉容器を使用し、清潔なものを使いましょう。

容器が密閉されていることで空気を遮断し、食材の鮮度を保つことができるよ!

お弁当箱を洗うときは、ふたのパッキンも外してすみずみまで洗い、洗った後はしっかり乾かしましょうね。
早めに食べる

えのきを使ったお弁当は、できるだけ早めに食べるようにしましょう。

長時間保存すると、えのき自体が腐敗しやすくなりますし、お弁当全体の鮮度も低下します。

 

 

えのきの正しい保存方法

えのきは日持ちしやすいきのこですが、保存方法を間違えるとすぐに傷んでしまいます。

そこで、えのきの冷蔵保存と冷凍保存の正しい方法を紹介したいと思いますので、実践してみてくださいね。

えのきは購入後すぐに冷蔵保存か冷凍保存しよう!

 

えのきの冷蔵保存方法

えのきを冷蔵保存するときの正しいやり方をご紹介します。

ポイント

  • 湿気を避ける
  • 石づきを切り落とさない
  • 密閉容器を使う

手順

1. えのきの根元を切り落とさない

2. キッチンペーパーでえのき全体を包む

3. 保存袋に入れ、口をしっかり閉める

4. 野菜室に入れる

保存期間は約1〜2週間だよ!

保存袋がない場合は、新聞紙で包んでもOKです。

 

えのきの冷凍保存方法

えのきを冷凍保存するときの正しいやり方をご紹介します。

ポイント

  • 石づきを切り落とす
  • 使いやすい大きさにほぐす
  • 冷凍焼けを防ぐ

手順

1. えのきの根元を切り落とす

2. えのきをほぐし、食べやすい大きさに手で裂く

3. 冷凍用保存袋に入れ、平らにして空気を抜く

4. 冷凍庫に入れる

冷凍での保存期間は約3〜4週間だよ!

冷凍保存したえのきは、解凍せずにそのまま調理できます。

 

前日のえのきの作り置きはお弁当に入れても大丈夫?

前日に作り置きしておいたら、当日は詰めるだけなので、お弁当作りが楽になりますよね。

えのきの作り置きは、お弁当に入れても大丈夫?

前日に作り置きしたえのき料理でも、お弁当に入れることができますよ。

ただし、作り置きする場合は、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存しておきましょうね。

そして、お弁当に入れる前にはしっかり再加熱し、冷ましてから詰めるようにしましょう。

再加熱で食中毒の予防になるよ!

水分が多い料理は傷みやすいので、お弁当用に作り置きするときは気を付けましょうね。

 

 

えのきを使ったお弁当のおかず簡単レシピ3選

えのきは、かさ増しにも栄養アップにも使える便利な食材です。

お弁当のおかずにもぴったりで、簡単に調理できるレシピがたくさんありますよ。

ここでは、そんなえのきを使ったお弁当のおかずの簡単レシピを3つご紹介します。

 

えのきとベーコンのバター醤油炒め

材料

  • えのき 1袋
  • ベーコン 50g
  • バター 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • みりん 大さじ1

作り方

1. えのきは根元を切り落とし、ほぐしておく

2. ベーコンは細切りにする

3. フライパンにバターを熱し、ベーコンを炒める

4. ベーコンに火が通ったら、えのきを加えて炒める

5. えのきがしんなりしたら、醤油とみりんを加えて炒め合わせる

バター醬油の味付けは、ごはんがすすむ♪

 

えのきとツナの梅肉和え

材料

  • えのき 1袋
  • ツナ缶 1缶
  • 梅干し 2個
  • ごま油 小さじ1
  • 白ごま 適量

作り方

1. えのきは根元を切り落とし、ほぐしておく

2. 梅干しは種を取り除き、叩いてペースト状にする

3. フライパンにえのきを入れてさっと炒め、火が通ったら取り出す

4. ボウルにツナ、梅干しペースト、ごま油を入れて混ぜ合わせる

5. 3. を4. に加えて和え、白ごまを散らす

梅干しは抗菌効果があるからお弁当におすすめ♪

 

えのきのチーズ焼き

材料

  • えのき 1袋
  • ピザ用チーズ 適量
  • マヨネーズ 大さじ1
  • 塩 少々
  • こしょう 少々

作り方

1. えのきは根元を切り落とし、ほぐしておく

2. 耐熱皿にえのきを広げ、マヨネーズ、塩、こしょうで味付けする

3. ピザ用チーズをのせて、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼く

フライパンで焼いてもOK!

 



 

まとめ

  • えのきはお弁当に入れると腐る可能性があるが、適切な対策をすることで安全に食べることができる
  • えのきが傷みやすい理由は「水分量が多い」「細胞壁が薄い」「酵素が活発」
  • えのきをお弁当に入れても腐るのを防ぐには、えのきの選び方や下処理に気を付け、加熱してからお弁当に入れよう
  • 特に夏場は抗菌効果のある食材と一緒に調理したり、持ち運びには保冷剤を活用して、食中毒を防ごう
  • えのきは正しいやり方で、冷蔵保存や冷凍保存をしよう
  • えのきは前日の作り置きでもお弁当に入れることは可能だが、冷蔵保存して、当日は再加熱してからお弁当に入れよう
  • えのきを使ったお弁当のおかず簡単レシピは「バター醤油炒め」「梅肉和え」「チーズ焼き」

えのきをお弁当に入れる際には、調理法や保存方法に注意することで、腐るのを防ぐことができます。

しっかりと火を通し、冷ましてから詰めること、保冷対策をすることがポイントです。

これらの工夫をすることで、安全で美味しいお弁当を楽しむことができるでしょう。

えのきは色々な食材と相性抜群なので、色々なアレンジを楽しめますよ。

ぜひ、色々なレシピを試してみてくださいね。

コメント

advanced-floating-content-close-btn