【PR】

夜驚症の子供は頭がいい?実は科学的根拠なし!なぜ頭がいいと言われるのか調査!夜驚症の原因と対処法もご紹介!

スポンサーリンク
育児

「夜驚症の子供は頭がいい」って聞いたことがありませんか?

これって本当なのかな?

私が調査したところによると、「夜驚症の子供は頭がいい」に科学的な根拠はないとのことです。

私は、根拠のない話なのにこのようなうわさが広がっているのが不思議に思いました。

そこで、なぜ夜驚症の子供は頭がいいと言われるのかについてもリサーチしてみましたよ。

また、夜驚症の原因と対処法についてもお伝えしますね。

 

 

夜驚症の子供は頭がいい?

夜驚症の子供は頭がいいというのは本当なのでしょうか。

実はこの話、根拠のないうわさなのです。

いつからかこのようなうわさが広まり、私も半信半疑な状態でした。

子供の夜驚症に悩まれている方は多いことでしょう。我が家の4歳の息子も現在、夜驚症かなと思えることが時々あり悩んでいます。

そんなとき、夜驚症の子供は頭がいいって話を聞いて、本当なのか気になり調べてみました。

次項から、なぜ夜驚症の子供が頭がいいと言われるのかについて見ていきましょう。

 

【夜驚症の子供は頭がいい】は根拠のない俗説

夜驚症は、子供がよく起こす睡眠障害の一つです。

突然叫んだり、飛び起きたりして周囲を驚かせる様子から、「夜泣き」と混同されることもありますが、夜驚症はより深い睡眠状態から突然覚醒するため、本人も何が起こっているのか理解できず、強い恐怖を感じています。

近年、この夜驚症について、「夜驚症の子供は頭がいい」という俗説が広まっています。

しかし、この俗説には科学的な根拠はありません。

何でこのような俗説が生まれたの?

考えられる理由の一つは、夜驚症になりやすい子供の特徴にあります。

夜驚症は、神経質な子供や、繊細で感受性豊かな子供に起こりやすい傾向があります。

このような子供は、周囲の刺激を敏感に受け取り、ストレスを感じやすいことも特徴です。

こうした性格は、学業においても真面目で几帳面に取り組むことにつながりやすく、結果的に良い成績につながることがあります。

しかし、これは夜驚症と知能の関係を示すものではありません

単に、夜驚症になりやすい性格と、学業に向き合う真面目さが偶然重なった結果と言えるでしょう。

根拠がないから「夜驚症の子供は頭がいい」というのは、うわさでしかないということだね

 

 

夜驚症の原因

夜驚症の原因は、まだ完全には解明されていませんが、「脳の未熟さ」や「遺伝的要因」「日中のストレス」などが関係していると考えられています。

(前略)非常に稀ですが、4~12歳の子どもの3~6%に発症すると言われています。(後略)

引用 パンパース

夜驚症は、多くの子供に起こるのではないのですね。

(前略)ほとんどが思春期頃にはなくなっていくので、一般的に特別な治療は必要ありません。(後略)

引用 パンパース

症状が重症な場合や、頻繁に起こる場合は、医師による治療が必要になることもあります

多くの場合、夜驚症に治療方法はないとのことですが、夜驚症を軽減するための方法はあることがわかりましたのでご紹介しますね。

 

 

夜驚症を軽減するための方法

夜驚症は、多くの場合、成長とともに自然に治癒していきます。

そのため、特別な治療が必要になるケースは稀です。

ただし、以下の点に注意することで、夜驚症の症状を軽減することができます。

  • 十分な睡眠時間を確保する
  • 寝る前のカフェインを避ける
  • 寝る前のリラックスできる環境を作る
  • 日中のストレスを溜めない

我が家の息子のためにも、意識して睡眠環境を整えようと思います

夜驚症は子供にとってつらい体験になることもありますが、適切な対処法で症状を軽減することができます。

もし、ご自身の子供が夜驚症で悩んでいる場合は、焦らず、専門医に相談することをおすすめしますよ。

 

 

まとめ

  • 夜驚症の子供は頭がいい、というのは科学的な根拠はない
  • 夜驚症になりやすい性格と、学業に向き合う真面目さが偶然重なり「夜驚症の子供は頭がいい」と言われるようになった
  • 夜驚症の原因は、「脳の未熟さ」や「遺伝的要因」「日中のストレス」などが関係していると言われている
  • 夜驚症を軽減するための方法は、十分な睡眠時間の確保やリラックスできる環境作りなどがある

「夜驚症の子供は頭がいい」のは本当なのかなと思い調べてみましたが、科学的な根拠があるわけではないのですね。

しかし、うわさがある時点であながち間違いではないのかな、と思ってしまったりもしています。

夜驚症には特に治療方法はないということもわかり、対策として睡眠環境を整えるなど、我が家なりの対策を考えていこうと思います。

今後も夜驚症についてはリサーチしていく予定です。

コメント

advanced-floating-content-close-btn