【PR】

ゴーヤは生のまま食べれるが腹痛を起こす危険性あり!!原因と対策を紹介!ゴーヤを生のまま美味しく食べよう!

スポンサーリンク
食べ物

ゴーヤは生で食べると危険性があるのか、気になりますよね。

ゴーヤは生でも食べても大丈夫な野菜です。しかし、腹痛や下痢などを起こす危険性があるので注意が必要です。

ゴーヤは生で食べた後に「お腹が痛くなった」となったら辛いですよね。

腹痛となる原因は、ゴーヤに含まれる成分によるためなのですが、種やワタを取り除くなどの対策をすれば安全に食べることができますよ。

腹痛を防ぐ方法をお伝えしますので、参考にしてくださいね。

安全な食べ方で、ゴーヤを生でも美味しく食べましょう♪



 

ゴーヤは生で食べられる?

ゴーヤは生で食べても危険はないの?

ゴーヤは独特の苦味が特徴的な夏野菜ですが、実は生で食べても美味しく栄養価も高い食材です。

サラダや和え物など、様々な料理に活用できますよ。

ただし、生のままで食べるときは注意しないと、腹痛や下痢を起こす可能性があります。

ゴーヤでお腹壊しちゃうの!?

気を付けて食べれば問題ありませんよ。これからゴーヤを生で食べる際の注意点を解説していきますね。



 

ゴーヤは生で食べると腹痛が起きる?

ゴーヤを生のまま食べると腹痛や下痢などを起こす危険性はありますが、必ず起こるわけではありません。

何で腹痛が起きるの?

それは、ゴーヤには腹痛などの原因となる成分が含まれているためです。

しかし、これらを取り除くことで安全に食べることができますよ。

最初に、腹痛や下痢の原因となる成分について見ていきましょう。

腹痛の原因となる主な成分

ククルビタシン

ゴーヤに含まれる苦味成分の一種です。

胃腸を刺激し、腹痛や下痢の原因となることがあります。

モモラカルピン

ゴーヤの種子に含まれるアルカロイドの一種です。

過剰摂取すると、腹痛や嘔吐、下痢などの症状を引き起こす可能性があります。

この2つの成分が腹痛を起こす原因になってるんだね

 

ゴーヤを生で食べるときに腹痛を防ぐ対策

ゴーヤを生で食べる際には、腹痛を起こさないようにしっかり対策をしておくことで、安全に美味しく食べることができますよ。

種とワタを取り除く

ゴーヤの種とワタには、ククルビタシンやモモラカルピンが多く含まれています。

種とワタを取り除くことで、これらの成分を減らすことができますよ。

塩もみをする

ゴーヤを薄切りにして塩もみすることで、ククルビタシンを抽出することができます。

塩もみ時間は、10~15分程度が目安だよ

加熱する

ククルビタシンは熱に弱いため、軽く加熱することで苦味を抑えることができます。

生で食べるのが不安な方は加熱して食べよう

食べ過ぎない

ゴーヤを大量に食べると、胃腸に負担がかかり、腹痛を起こす可能性があります。

体調が悪い場合は控える

体調が悪い場合は、胃腸が弱っているため、腹痛を起こしやすいので控えた方が良いでしょう。

 

ゴーヤを生で食べて腹痛を起こした場合の対処法

ゴーヤを生で食べて腹痛を起こした場合の対処方法をご紹介します。

水を飲む

水分を補給することで、症状を和らげることができます。

安静にする

無理に動かず、安静にして休息しましょう。

症状がひどい場合は医療機関を受診する

腹痛がひどい場合は、脱水症状などの可能性があるため、医療機関を受診しましょう。

 

 

ゴーヤを生で食べるメリット

実は、ゴーヤを生で食べるとメリットがいっぱいなんですよ♪

栄養価が高い

ゴーヤはビタミンCやβ-カロテン、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。

特にビタミンCは、生の状態の方が加熱調理したものよりも壊れにくいため、効率的に摂取することができます。

シャキシャキとした食感が楽しめる

生のゴーヤは、シャキシャキとした食感が楽しめます。

サラダや和え物などにすると、食感のアクセントになります。

 

ゴーヤを生で食べる際の注意点

上記のようなメリットもあるのですが、注意点もあります。

ゴーヤを生で食べる際の注意点をお伝えしますね。

苦味がある

ゴーヤは生で食べると、やはり苦味があります。

苦味が苦手な方は、塩もみしたり、他の食材と合わせたりして食べるのがおすすめです。

苦みが弱いほうが良いという方は、下記を参考にしてくださいね。

(前略)苦味が特徴のゴーヤーですが、表面の緑色が濃く突起が小さい方が苦味が強く、一方、緑色が薄く突起が大きい方が苦味が弱いといわれているので、お好みに合わせて選ぶようにしましょう。(後略)

引用 キューピー

アクがある

ゴーヤにはアクがあります。

食べる前に、種を取り除き、薄切りにして塩もみすることでアク抜きをすることがおすすめです。

鮮度が重要

ゴーヤは鮮度が落ちると苦味が強くなります。

新鮮なゴーヤを選ぶようにしましょう。

(前略)ゴーヤーは鮮やかな濃い緑色で、ずしりと重い感触があるものを選びましょう。表面のちりめん状のイボが硬くはりがあり、イボがつぶれたり、傷ついたりしていないもの、イボの大きさが揃って密についているものが新鮮です。(後略)

引用 キューピー

新鮮なゴーヤがいいね

 

ゴーヤを生で食べるときのおすすめレシピ3選

ゴーヤを生で食べるときのおすすめレシピをご紹介します。

サラダ

ゴーヤを薄切りにして、ツナやハム、チーズなどと合わせ、ドレッシングで和えます。

レモン汁やポン酢を加えると、さっぱりとした味わいに仕上がりますよ♪

和え物

ゴーヤを薄切りにして、ごま油や醤油、みりんなどで和えます。

かつお節や海苔を加えると、風味豊かな味わいに仕上がりますよ。

スムージー

ゴーヤを小さく切って、バナナやヨーグルトなどと合わせてスムージーにします。

苦味が苦手な方は、りんごやオレンジなどの他のフルーツを加えると良いですよ。

食欲のないときは、スムージーにすると飲みやすくておすすめ!

 

 

ゴーヤにアレルギーはある?

ゴーヤ自体にアレルギーを持つ人は比較的少ないですが、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーを持っている人が、ゴーヤを食べることでアレルギー反応を起こすことがあります。

花粉症の場合、スギやカバノキなどの花粉に感作している人が、ゴーヤに含まれる「クルドプロテイン」という物質と交差反応を起こすことがあります。

症状としては、口の中のかゆみ、喉の痛み、鼻水、じんま疹などがあげられます。

アトピー性皮膚炎の場合、ダニやハウスダストなどのアレルゲンに感作している人が、ゴーヤに含まれる「ヒスタミン」という物質に反応することがあります。

症状としては、皮膚のかゆみ、発疹、赤みなどがあげられます。

ゴーヤのアレルギーが疑われる場合は、皮膚科やアレルギー科を受診し、検査を受けるようにしましょう。

まとめ

  • ゴーヤは、生のまま食べると腹痛や下痢などを起こす危険性があるので気を付けよう
  • ゴーヤには「ククルビタシン」「モモラカルピン」という成分が含まれているが、この成分が腹痛などの原因となることがある
  • 腹痛を防ぐ対策は「種とワタを取り除く」「塩もみをする」「加熱する」「食べ過ぎない」「体調が悪いときは控える」
  • 腹痛を起こしたときの対処法は「水を飲む」「安静にする」「症状がひどければ受診する」
  • ゴーヤを生で食べるメリットは、ビタミンCをより摂取できる点や、食感が楽しめる点
  • ゴーヤを生で食べるときの注意点は「苦みがある」「アクがある」「鮮度が重要」という点なので、適切な対応をしよう
  • 生のゴーヤのおすすめレシピは、サラダや和え物、スムージー
  • ゴーヤは花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーを持っている人は、まれにアレルギー反応を起こすことがある

ゴーヤは適切な対策をすれば、生のまま食べても危険ではないことがわかりましたね。

ゴーヤは栄養が豊富ですし、様々な料理に活用できます。

私は、夏になるとよくゴーヤチャンプルーをよく作るのですが、生のゴーヤもたくさん取り入れようと思います。

あなたもぜひ、今年の夏はゴーヤを生で味わってみてはいかがでしょうか。

コメント

advanced-floating-content-close-btn